有限会社ファミリーホーム

会社概要


リフォームについて
TOP >> オール電化住宅

ファミリーホームのリフォーム




オール電化住宅とは、調理、給湯、冷暖房など生活に必要なエネルギーをすべて電気でまかなう住宅のこと。
電気ならではのメリットと、高断熱・高気密住宅のもつ確かな住宅性能が組み合わさることにより、お子さまからお年寄りまで、家族みんながすこやかに暮らしを楽しめる理想の住まいづくりを実現できます。
ここでは、そのメリットについてご紹介いたします。

裸火がないので、火傷や不完全燃焼、ひいては火災の危険性が少ないということ。しかも、機器は操作簡単、メンテナンスフリー、燃料補給も不要といいことづくめ。もちろん、万が一の安全対策も充実。
最近では、この安全性の高さから、お得な融資・保険商品としてもとりあげられるようになってきました。


万が一の災害時、ライフラインの確保・供給は最も重要となりますが、そのなかでも復旧が最も早いのは電気です。
  当社管内における一需要家あたりの年間停電回数0.25回(作業停電含・平成15年度実績)、一回あたりの停電時間も0.37時間と常に安定供給につとめており、長時間の停電はほとんどありません。
また、電気温水器・エコキュートや、蓄熱式電気暖房は、夜間の電力で貯えたお湯や熱を使うので、夜間の数分間の停電はもちろん、昼間の停電でも影響は少なく、むしろ電気温水器・エコキュートは災害時には非常用水源として活用できるというメリットもあります。


クッキングヒーターや蓄熱式電気暖房は燃焼部分がないので、二酸化炭素等の燃焼ガスの発生がなく、室内の空気はいつもクリーンです。
また、電気機器は家や人の健康をおびやかすカビやダニの発生要因につながる水蒸気の発生(結露、湿気)を抑えることができ、クリーンで健康的な室内環境を保つことができます。

電気温水器・エコキュートや蓄熱式電気暖房は、時間帯によって電気料金の変わる時間帯別電灯契約(やりくりナイト)や夜間時間帯の安い深夜電力契約を使用するのでとてもおトク。いずれも夜間時間帯が通常の電気料金と比べて約3分の1と大変お安くなっており、お客さまの生活パターンに合わせてご契約いただくことができます。
高断熱・高気密住宅には多くのメリットがありますが、屋内での裸火の使用は水蒸気や燃焼ガスを生み出すので、このメリットを生かしきれなくなってしまいます。
その点、クッキングヒーターや電気温水器、そして電気式蓄熱暖房などの電化機器には燃焼部分がないので、心配は一切ありません。
このように、オール電化と高断熱・高気密住宅は、お互いの持っている長所をさらに伸ばすことのできる最高の組み合わせなのです。


「オール電化って電気代が高いんじゃない?」「どんな料金プランがあるの?」
ご安心ください。オール電化住宅向けの様々な料金設定が用意されています。ご家族構成、ライフスタイル等に合わせて、時間帯別電灯(やりくりナイト)や深夜電力などピッタリの料金プランをお選び下さい。

昼間時間帯の電気料金は少々割高ですが、夜間時間帯の電気料金が割安に利用できるおトクな料金メニューです。 とくに、電気温水器や蓄熱式電気暖房器など夜間蓄熱型機器を使うオール電化住宅にお住まいの方におススメです。
やりくりナイトには、3つのメニューがあり、お客さまの生活スタイルにあわせてお選びいただけます。また、「やりくりナイト」は、お客さまのお申し込みによってご契約いただく料金制度です。

夜11時〜翌朝7時までの電気料金が、昼間の時間帯に比べ約4分の1でご利用できるおトクな料金メニューです。食器洗い乾燥機などタイマー機能を活用し、電気のご使用を夜間時間帯へ移行することでますますおトクになります。

やりくりナイト8に比べ、夜10時〜翌朝8時まで割引料金時間帯が2時間延長されています。なお、やりくりナイト8に比べ10%程度割引率が低くなりますが、朝食の準備や掃除・洗濯など、忙しい朝もおトクな時間帯となり、いっそう「やりくり」しやすいメニューです。

昼間時間帯、200キロワットアワーまで基本使用料金でご利用いただけます。
アパート・マンションなどの集合住宅にお住まいの方で、電気使用量が比較的少ないお客さまにおすすめです。

東北電力様のホームページの一部を引用させて頂いております。